★公開日: 2022年5月17日
★最終更新日: 2022年5月17日

虫にお困りの法人様向けに、専門家が最も優しい防虫対策についての初心者向けな解説を毎回していきます。
「優しい防虫対策」シリーズ、2回目は「虫が出たらどこに頼めばいいの?」です。
これ、割と困るかたもいるでしょう。

この記事の内容
  • 専門性:低(一般レベル)
  • 対象:法人様(非一般家庭)
  • この記事から得られること:職場に虫が出た場合にどう対応すればいいかのポイント

 

虫の駆除業者ってどう選べばいいの?

初心者向け企画、「優しい防虫対策」シリーズ。
工場や飲食店、セントラルキッチン、給食施設、その他厨房などといった法人様対象に、わかり易さ重視で防虫対策の話をしています。

なお、もう少しハイレベルで本格的ば防虫管理については別にしていますので、そちらをご参照ください。
こちらはその入門編、初心者版となっています。

挿画:案内

さて、前回「虫が出たらどうすればいいか」についてお話をしました。

ここで、選択肢は2つ、それは「自分で何とかする」か、でなければ「専門業者に駆除を依頼する」か、だということをお話しました。

ですが、ここでふと思うことでしょう。
「専門業者ってどう選べばいいの?」と。

そこで今回は、長年そこで生きてきた、そして今だそこに生きているぼくの立場から、その駆除業者についてのお話をすることにします。
この話は、ぼく自身も含まれることなので、ちょっとばかり身が引き締まる思いです。(笑)。

挿画:

「虫の駆除や」は幅が広い

まず最初に言えること。
それは、「虫の駆除や」「ペストコントロール業」と言ってもその幅がかなり広い、ということです。

シロアリを駆除する害虫駆除屋さんもあれば、飲食店のゴキブリ駆除をメインにやるところもある。
はたまた様々な虫の駆除を対象としているところもあれば、虫の駆除というよりは、もちろんそれもやるのだけれど「防虫対策」「防虫管理」をメインとしたところもある。
更にはぼくらのように、異物混入対策、食品衛生という観点から、その一環としての防虫対策を行っているところもある。

加えるなら、害獣駆除、つまりはネズミ駆除をも一緒に行うところもあれば、害鳥、ハトやカラスの駆除を行う業者もいる。
また虫の発生を抑えるためには清掃というのは欠かせないので、その清掃を行う業者もいる。
あるいは、虫の問題を抑えるために、何らかの定期的な作業が必要だけど、それを行うという業者もいる。

…と実はこの業界、結構幅広くあれこれとやっている人たちがいるのです。

挿画:ネットワーク

「害虫駆除」と「防虫管理」

そこで、こうした虫の対策を行う虫の駆除、ペストコントロール業界の住み分けを、大きく2つに分けて考えてみるとこの業界の長めが少しばかり見えてくることでしょう。

それが「害虫駆除」「防虫管理」です。
言葉はなんとなく難しそうですが、示していること自体はそれほどでもありません。

「害虫駆除」、つまりは飲食店をメイン顧客に、一般宅やビル施設などのゴキブリやネズミを単純に駆除することを主な業務としている、中小規模の害虫駆除業者なのか。

それとも、工場あるいはセントラルキッチン、場合によっては飲食店などをメイン顧客にして、食品衛生、異物混入対策を目的とした「防虫管理」を行っているのか。

それはお客さんの立場や、そこにおけるニーズと投資費用によって大きく変わってきます。

ペストコントロール
  • 害虫駆除:単純に虫や害獣の防除が目的。主にビル、飲食店、一般家庭など
  • 防虫管理:食品衛生、異物対策を目的とした防虫管理。主に工場、飲食店、セントラルキッチンなどの厨房施設対象

ごく一般的に虫の駆除屋と言ったら、最初の「害虫駆除」のことかと思うことでしょう。
昔ながらのイメージな、企業規模の小さいところが多いですね。
シロアリ屋さん、ゴキブリ駆除業者さん、ネズミ駆除業者さんなどがここに入ります。

こうしたところの技術屋さんは、食品衛生にはうとく、HACCPや異物混入、微生物などについての知識は全く持ち合わせていません。
しかし、ゴキブリ、ネズミ、シロアリといったこの3つに関しては、かなり職人的な技術を持っていることが多いです。
また比較的お値段も安いことが多いでしょう。

一方、食品衛生や異物混入といった観点から虫の対策を行う「防虫管理」は、やはり大手ペストコントロール企業ならではの強みです。
ちなみにぼく自身も「防虫管理」を行うことの出来るこちら側です。
このブログを見ていただければそれがよく判るでしょう。
こちらは食品衛生のエキスパートです。

反面、ぼくのように、シロアリ駆除や一般宅のネズミ駆除などは、出来なくはないですが、しかしそこまで好んで請け負いません。
ぼくらは、内部発生した虫の対策駆除が得意分野です。
ですから「ゴキブリ、ネズミ、シロアリ」以外の虫対策では、ぼくもそうですが、中小の「害虫駆除」のスキルと知識を大きく上回ります。
何故ならしっかりと「IPM」を実施し、データにもとづき、深い経験値と知識によって問題を解決する。そういうプロです。そういう専門家が、ぼくたちです。

挿画:防虫管理

虫が出たら、その所属とニーズで業者を選ぶ

では、「虫が出たらどこに頼めばいいのか」。
それはお客様が一体どんなお立場なのか、そしてどうしたいのか、そのニーズによって業者を選定すればよろしいかと思います。

まず、あなたはどのようなお立場でしょうか。
どのあたりに所属されるでしょうか。

どのようなお客様か(上から順に「防虫管理」が高ニーズ)
  • 工場(食品工場、医薬品工場、容器・軟包装工場など)
  • セントラルキッチン、給食など大量調理施設
  • 物流(食品倉庫、医薬品倉庫など)
  • 病院、学校、福祉施設
  • スーパーマーケット、商業施設
  • 飲食店
  • その他の小売店
  • ビル・オフィス・事務施設
  • マンション、集合住宅
  • 一般宅

例えば代表的な、ぼくらエストコントロール業務のお客様となるかたは、こんなところでしょう。
これらのうち、「防虫管理」が問われるのは、つまりは食品衛生や異物混入対策としての虫の対策が求められるのは、上から順に下がっていきます。

その結果、飲食店さん以下は「防虫管理」の必要性が著しく低くなるでしょう。
別の言い方をするなら、上から順にコストがかからなくなっていきます。まあ、規模にも勿論よるのですが。

いずれにせよ、そこらの分類のどこに属するかによって、その所属先においてすべきことや、したいことも変わってくるでしょう。

もし食品工場の品管さんや工場長さんであれば、ゴキブリ駆除を主とするような「害虫駆除」の業者さんでは心もとなく思うでしょう。
そうじゃなくてうちは製品への異物混入や、市場に求められる食の安全安心、品質の維持のために虫の対策を取っていきたいんだ、と思うでしょう。
セントラルキッチンをまかされておられる厨房長さんや経営者さんなども同様かもしれませんね。

しかし一方で、一般宅に出た虫をなんとかしたいというかたは、そんなぼくらのような食品衛生のプロからの指導などは必要ないでしょうし、「そんなことよりゴキブリやシロアリやネズミを安く駆除したいんだ」と当然なるでしょう。
これらによって、選ぶ業者というのがある程度、見えてくるでしょう。

ペストコントロール業者をどう選ぶ?
  • 「害虫駆除」の業者:ビル、一般家庭のお客様(ゴキブリ、シロアリ、ネズミを駆除したい)
  • 「防虫管理」の業者:工場、飲食店、セントラルキッチンなどの厨房施設のお客様(それ以外の内部発生昆虫、食品衛生や異物対策として対策したい)

まとめると、こんな感じでしょうか。

ただし、大手ペストコントロールは概ね、大概のことを請け負ってくれます。
そこにはスタッフも部署も豊富ですからね。
何にせよ、これらは各社によって事情はまちまちであり、あくまでざっくりとした住み分けがこうなってますよ、というお話です。
あしからず。

挿画:ペストコントロール

まとめ

「優しい防虫対策」シリーズ、2回目の今回は「虫が出たらどこに頼めばいいのか」についてお話しました。

あくまで一例ですが、この業界の住み分けは概ね、このようになっています。

ペストコントロール業者をどう選ぶ?
  • 「害虫駆除」の業者:ビル、一般家庭のお客様(ゴキブリ、シロアリ、ネズミを駆除したい)
  • 「防虫管理」の業者:工場、飲食店、セントラルキッチンなどの厨房施設のお客様(それ以外の内部発生昆虫、食品衛生や異物対策として対策したい)

次はこれらの業者選定のオススメや、その依頼のメリット・デメリットについてもお話するとしましょう。それでは。

 

業務案内

 

  • 防虫対策のお悩み
  • 微生物対策、5S/サニテーション(清掃洗浄)
  • 検査、異物混入対策
  • 各種コンサルタント業務のご依頼
  • 食品衛生、HACCPやマネジメントシステムのご相談
  • 講習会、公演、執筆などのご依頼
  • その他、当サイトへのご意見、ご指摘など

 

ご相談・調査・見積無料。
以下よりお問い合わせ下さい。